ピュアホームができるまで

高気密高断熱のアパート「ピュアホーム」は、2階床にヘーベル板を敷いていくことからはじまります。このヘーベル板とあわせて1階と2階の間に断熱材を敷き詰めることで2階にお住まいの方の生活音が1階にお住まいの方へ伝わりにくい構造となります。

同時に静かで高気密高断熱のアパートを実現するために、「ピュアホーム」ではしっかりと壁にも断熱材を施工しております。ウレタンフォームの断熱材を採用することで、これまでのアパートよりもワンランク上の高断熱・高気密アパートへと仕上げております。

これだけ気密性と断熱に優れていると、結露から家を守るための工事もしっかりとおこなっておく必要があります。「ピュアホーム」では写真のとおり、通気層工事もしっかりとおこなっているので、結露によるカビで健康に害をなすことも一切御座いません。また熱交換システムを搭載した24時間換気システムを採用しておりますので、常に一定の温度の新鮮な空気が循環しているため室内の結露問題も御座いません。1年を通して快適な温度で過ごすことができるのは高気密高断熱構造のピュアホームだけです。

高気密高断熱で、地震に強いツーバイフォーのアパートができるまでの現場を写真でご覧ください。

sizuka-image1一階に音が響かない、二階床のヘーベル板敷込み
sizuka-image2パネルの組み立てが完成
sizuka-image3屋根を支える小屋組の組み立て
sizuka-image4風や雪に強い屋根の構造
sizuka-image5台風に強い屋根に必要なハリケーン金具で屋根を固定
sizuka-image6瓦の下には防水のルーフィングを葺いてゆきます。
sizuka-image7結露から建物を守る通気層工事
sizuka-image8ベランダはFRP防水、建物の寿命を延ばします。
sizuka-image9室内の汚れた空気を排出し
きれいな空気を取り入れる換気システム
sizuka-image10換気によるエネルギーのロスをなくす
熱交換型換気システム
sizuka-image11一階の天井の断熱材
遮音用の構造が見えます。
sizuka-image12界壁の断熱材を設置したところ
音と熱を遮断します。
sizuka-image13ウレタンフォームの断熱材
高断熱、高気密の住宅になります。
sizuka-image14通気層のうえに外壁を貼ります
よい外壁は長期間建物を守ります。

コメントは受け付けていません。