三春駒 高柴デコ屋敷  郡山市西田町

三春駒,高柴デコ屋敷、橋本彦治さん。デコ人形は和紙を独特の型に張って造る、縁起物の張り物です。
古くからある人形の一つに、でこ人形があります。明確な起源はわかっていないもののおおよそ江戸時代の中期ごろからできたものではないかとされています。当時は、人形浄瑠璃などの小芝居が盛んにおこなわれており、現在でもその伝統的なやり方を引き継いでいる人たちがいるわけです。そのひとりがこの写真に写っている橋本彦治さんになります。橋本彦治さんは、でこ人形造りを専門的に行っており、郡山市西田町の橋本広司民芸と呼ばれる所でひたすら人形を作っているひとりとなります。

miharu-image4
miharu-image7
miharu-image7

日本にはさまざまな伝統的な人形がありますが、手作りで人形が造っているところはあまり多くありません。福島県の中でも、郡山市西田町にある橋本広司民芸の高柴デコ屋敷では、現在でも手作りの人形がつくられています。これが、でこ人形と呼ばれるものになります。
伝統的な技術の一つで、人間より若干小さい身体をきているのが特徴といえるでしょう。江戸時代にできたものと言われており、写真にもある通り様々なお面をつくりそこに髪の毛や着物を着用させて一つのかたちが完成します。現在でも手作りでつくられている理由は、でこ人形造りを人間が行うことで魂を込めることができるからです。実際に、写真の中に撮影されている初老の男性は、昔からでこ人形を作っている橋本彦治さんになります。この写真の魅力は、単に職人がお面を作っているところだけでなく、ピントが手前にある無造作に置かれたお面に置かれているところです。全体を映し出すことにより、職人の作業だけでなく味のある職人の部屋の空気を伝えようとしていることがわかります。

miharu-image8
miharu-image1
miharu-image1

人形を使った劇は、最近ではめっきり少なくなってしまいました。その一方で、伝統的に作っている人がいることを忘れてはいきません。それが、この写真にある「でこ人形造り」になります。最近は、機械で作ってしまう会社も多いですが、昔ながらの手作りで作っている人形にはとても暖かみがあり、値段は多少高くてもその方がふさわしいと感じる人も少なくありません。
現在でも、人形作りに励んでいるのは郡山市西田町にある橋本広司民芸になります。代々写真のような人形を作っており、一つ一つる感情を入れながら作るごとによって生き生きとした表情ができあがっていることがわかります。とはいえ、この写真で伝えたいのは人形の表情そのものではなく伝統芸能が現在でもなお生きていることでしょう。
なぜなら、写真に写っているのは橋本さんが中心になっているわけではなくその人が作成したお面が中心になっているからです。また、高柴デコ屋敷と呼ばれる建物全体を撮影しているとも受け取ることができます。

miharu-image4
miharu-image7
miharu-image7

三春駒高柴デコ屋敷は、和紙を型に貼り合わせて作る、でこ人形造りの橋本彦治さんを写したものです。
でこ人形は和紙を独特の型に張って造るもので、縁起物の張り物でもあります。
高柴デコ屋敷は今でも、橋本広司民芸として福島県の郡山市西田町で伝統文化を伝え続けています。

miharu-image8
miharu-image1
miharu-image1

張子人形や張子面、三春駒などの玩具を作る家はデコ屋敷と呼ばれ親しまれていましたが、後継者不足からその数は年々減り、数百年もの伝統を守り続けているのは現在ではわずか4軒となりました。
そのうちのひとつが、でこ人形造りを受け継いだ橋本彦治さんが経営している郡山市西田町の橋本広司民芸、通称「高柴デコ屋敷」です。
でこ人形とは木を削り出した型に和紙を貼り付けて作る人形で、お子様の玩具としてはもちろんのこと、無病息災を願う縁起物としても重宝されました。


1979年2月23日 キャノンAE-1 レンズCANON 28mmF2  50mmF1.4 1/15~1/30/ フィルムコダックトライX 現像液D-76 ASA400

コメントは受け付けていません。